ニキビケアは規則正しい生活習慣から・・・

 

ニキビは、10歳代の若い頃には誰もが一度は経験していると思いますし、成人してからも多くの人がニキビのお悩みを抱えているほど、肌トラブルの中で最もポピュラーなものです。

そんなニキビができる原因は、実に多種多様で、そう簡単に一つに特定することはできません。

一般的に、10歳代後半にできる思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンの分泌によって皮脂が過剰に分泌されることが原因とされ、20歳以降の大人ニキビは、肌の乾燥による角質肥厚や免疫力低下、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

しかし、実際は、それだけでニキビが発生してしまっている人はそれほど多くないようです。

特に大人ニキビは、起きる時間や寝る時間、食事内容、運動の度合い、ストレスなど、日々の過ごし方によって心身にさまざまなストレスがかかり、体内バランスが崩れてニキビの発生を招いています。

ですので、この大人ニキビの予防対策としては、毎日、6時間以上の十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、適度な運動を行い、ストレスを溜めないというような生活習慣を送り、気持ちの余裕と健康的な体を維持することが大切です。

どれも一見、肌のこととはあまり関係ないように思えますが、これらの要素は健康的な体を作り、新陳代謝を活発にして美肌などの美容効果につながります。

できれば、睡眠時間は肌のゴールデンタイムと言われている夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡できるように心掛け、食事は高カロリーの油っこいものは控えて、和食中心でいろいろな栄養素をバランス良く摂取するようにしましょう。

また、空き時間がある時は、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を積極的に行い、それに加えて筋力トレーニングを行えば、成長ホルモンが多量に分泌されて美容効果が高まります。

また、顔以外の背中などにもニキビができる人は衣類にも気を配り、肌にチクチクするような素材は避けて天然素材で肌触りのよいものを選びましょう。

さらに、汗をかきやすい夏の時期は、朝晩シャワーを浴びて、汗をかいたらこまめに拭き取り、吸湿性が良くて清潔な衣服を身に付けましょう。

そして、日々のスキンケアは、朝晩2回の洗顔で清潔な状態を保ち、潤いを与えてしっかりと保湿することがニキビ予防対策の基本です。

こうした規則正しい生活を送っている人は、いつもストレスがなく、リラックスして行動できてポジティブで全身にエネルギーが溢れ、その結果、健康的な体が作られ、肌も健康な状態が保たれてニキビに悩まされることもなくなります。